gbni_n_150.gif

whoweare

ハナビヨコハマは設立以来、大小様々な花火大会に関わらせて頂いております。

横浜地区での「神奈川新聞花火大会」では打揚げの一角を担ってきました。

その他、寺院や地域のお祭、学校など地元を中心として数多くの花火大会の企画から実施までトータルでサポートさせて頂いております。

経営理念

株式会社ハナビヨコハマは、花火イベントをプロデュースするうえで重要な要素を「安全性」「企画力」「演出力」「実行力」であると位置づけています。弊社は単に花火の打揚げ当日だけを打ち揚げるばかりでなく、花火イベントの企画・演出・制作から運営でのトータルプロデュースまでご要望に応じて対応をいたします。


「花火をいかに魅力的に魅せるか」、弊社は創業以来あくなき探求を続けています。更にエンターテイメント性を求めて、エンターテイメントの本場アメリカ花火専用のコンピュータを導入し、研究を重ね、花火と音楽を100分の1秒単位で完全にシンクロさせる高度な花火演出を実現しました。
これらの技術力や経験により、花火イベントのトータルプロデュースを業務として確立し、成長を続けて参りました。


現在は、花火大会のみならず、テーマパーク・スポーツイベント、さらには企業PRイベントなど、多岐に渡るシーンで花火エンターテイメントを数多くの方々にご覧いただいております。

弊社は社員一人ひとりが誇りと安心を持って働ける会社を確立します。そして、すべての事業活動を通じ、活力のある社会発展・社会貢献のため新たな感動と新しい価値を創造し、夢と感動を追及します。
 

会社概要

社名  株式会社 ハナビヨコハマ (HANABI YOKOHAMA CO.,LTD)

代表者 代表取締役 髙橋 光久

本社  横浜市港北区新横浜2-12-8-5FC

TEL  045-470-1030

FAX  045-472-1101

(財)日本煙火協会会員 神奈川支部所属 / (社)火薬類保安協会会員

事業内容

  • 花火打揚

  • 花火打揚機器販売

  • 煙火及び火工品の打揚、演出、販売

  • 国際物流支援

  • 花火大会業務支援

沿革

1992年10月

​横浜市神奈川区に会社設立

横浜市を中心とした花火打揚事業開始

1994年2月

日本製の煙火玉の米国への輸出販売を開始

1995年

米国製の煙火玉の輸入、国内販売を開始

 

1996年

米国製ステージ用特殊効果火工品の輸入販売開始

オーストラリア製火工品の輸入販売開始

 

1997年

米国製映画用特殊効果火工品の輸入販売開始

 

1998年11月

同市内移転

 

2002年3月

中国からの煙火玉の輸入、国内販売を開始

 

2003年9月

アメリカペンシルバニア州Pyrotechnics Management 社と業務提携。点火システムの輸入販売開始

 

2006年2月

同市港北区へ移転

 

2014年

米国オハイオ州の花火コンクールで優勝

 

2015年3月

同市同区内新横浜駅前に移転